鉄道の線路は地上に敷設されているものがあれば、高架や地下に敷かれているというパターンを指摘することが可能です。

特に高架に関して言えば、列車が上を走るというスタイルとなります。

大阪の土地活用の情報をあなたにご紹介いたします。

高架橋が存在することによって地上には空間が発生することなり、その隙間を土地活用することができます。



高架下の空間を利用した土地活用の一つに、様々な商品を販売したりサービスを提供する店の設置です。

それらを提供する会社を鉄道会社が子会社として作ることにより、収益に組み込むことができます。

これによって、本業の鉄道業以外にも新しい事業柱を作り上げて利益を築くことが可能となります。


この他にも土地活用の用途の種類として、バスを停めておくスペースを整備するものがあります。



駅で終点になるバスを高架下に設けた停車スペースに待機させておくことで、次のような利点が生まれます。


バスが待機場に向かうことで、駅のバスを停めることができる場所が空きます。


そこに別のバスを停車させることができ、駅に乗り入れるバスの本数を増やすことができます。

バスの本数が増えることで利便性を向上させ、乗客の利用促進を行ったりするという状況を作り出せます。また高架下に発生した部分を土地活用するので、別の場所に土地を取得する必要がありません。


つまり、土地の購入のための時間や費用を費やすことを行わなくていいのです。

鉄道の高架橋の下に出来た隙間を活かせば、別の用途に使える上に利得が生まれます。